ネパール エベレスト街道トレッキング
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2016.08.30-09.20 ネパール エベレスト街道トレッキング

2016年の海外遠征として、単身ネパールのエベレスト街道に行ってきました。
今年の目標はアイランドピーク(6189m)です!初の6000mに挑戦です。
ネパールは去年に引き続き2回目でした。

事前に去年のガイドのアーロンに「8月末にアイランドピークは登れるの?」と聞くと、「OK!OK!」というので、航空券だけとってネパールに行きました。
そんな流れでアーロンが今年もガイド、って流れだったんですが、奴はすごく陽気でいいやつなんですが、結構適当で女好きでお調子者なので、土壇場でやっぱりやめて、何にも予約せずに行きました。ごめんね、アーロン(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

実際に使用した地図と行程。
「世界一危険な空港」ってテレビでも度々紹介されているルクラまで飛行機で行って、そこからはエベレスト街道を歩いていきます。
あれ、アイランドピーク行ってないじゃん。って思った方も詳細は後ほど。。。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【初日 カトマンズ】
タイ航空でバンコク経由でカトマンズまで来ました。 かっなり早めにとったので、航空券は7万円弱ほどでした。
空港に着いたらVisa代40ドルを日本円で払って入国。お釣りはドルでくれます。
空港を出たら「Taxi?」とめっちゃ声をかけられます。中心部のタメルまで7ドルというので、まぁいいかと思い乗ります。
「ホテルは決まってるの?」「No」「このホテルはどうだ?」「Wi-Fiが使えて綺麗ならいいよ、いくら?」「20ドル」「ノー、1泊10ドルしか払わない」「なら特別に10ドルでOK」
っと、去年と同じような話をしてタクシーに乗り込む。
空港から15分ほどでタメル地区につきます。相変わらずの喧騒!電線を猿が歩いています。
ホテルに着くとマネージャーに「トレッキングか?」「そう、アイランドピークに行きたい」「わかった。」
ツーリストが行くホテルならどこでもこんな感じでいろいろとツアーを組むことができると思います。万が一できなくても、町中にツアー会社があります。
「値段はいくら?」「向こうでの飲み物代とガイドへのチップ代以外、全部込み込みで2300ドルでどうだ」「高いよ、なら食事代抜きで2000ドルにしてくれ」「うーん、わかった。」
って、感じでアイランドピーク登山(エベレストベースキャンプまで付き)で2000ドルってことになりました。思ったよりも高かったけど、まぁ予算内だったので決めました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【二日目 カトマンズ】
ホテルのマネージャー、パラスがいろいろと申請に行くからトレッキングは三日目からということになって暇だったので、去年泊まったホテルのガイドのガネシャに連絡をして、一緒にランチを食べることに。
この食べているのが、ダルバートと言って、ネパール料理の代表選手。カレー的なのや豆スープや野菜炒めなんかが乗っていて、それをぶっかけ混ぜ混ぜして食べます。この写真のダルバートはカトマンズの小洒落たカフェのものなので、これが頂点と言っても過言ではありません。山に行くと、付け合わせがどんどんなくなって、具がどんどんしょぼくなります(笑)

注釈) ガネシャ...去年本当はガネシャと一緒にエベレスト街道にくるはずだったのですが、飛行機が飛ばない&ガネシャの友達のお客が急遽くるってことになって、アーロンのガイド変更をした。詳しくは一番最後にある去年のレポートをチェックしてください。

ネパール エベレスト街道トレッキング

この日は暇だったので、同じく仕事がなくて暇だと嘆いていたガネシャにチップを渡して、カトマンズのお寺にガネシャのバイクにニケツして連れて行ってもらいました。
二回目のネパールで初の目をゲット!

ホテルに帰ったらパラスから明日のガイドを紹介してもらう。ガイドの名前はダワ。エベレストに7回登頂、8000m峰に27回登頂しているスーパーガイド!

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:1 カトマンズ→ルクラ(2840m)→パカディン(2610m)】
ダワと二人で7時から空港で待つも天候が悪く、めっちゃ待たされる。
3時間ほど待たされてやっとフライト!去年は結局飛ばなかったので、飛ぶってなった時は本当に嬉しかったです。

ネパール エベレスト街道トレッキング

40分ほどのフライトでルクラに到着!ルクラ空港真横のホテルのカフェで朝ごはんを食べることに。
机の上に置いてある黒いノートは、今回の旅の日記帳。日記の内容は別の形で年末か年始にリリースしますのでぜひご期待ください。

ネパール エベレスト街道トレッキング

カフェの中はこんな感じ。ビストロきっちょむ登山隊のステッカーを探せ!レベル5。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ご飯を食べたらトレッキング開始!ルクラの街にあるスタバ。純度100%、完全なる偽物(笑)
今回のトレッキングもポーターはつけず、ガイドと二人です。自分の荷物18kgは自分で背負って登ります。今回はアイランドピークに登るので、ピッケルやアイゼン、ヘルメットを持ってきています。

ネパール エベレスト街道トレッキング

街道はこんな感じです。山道ってわけではありません。

  ネパール エベレスト街道トレッキング

今回もチェキを持ってきました。去年はフィルム100枚で足りなかったので、今回は200枚以上持ってきました(笑)
子供や現地の人を撮りまくってきました。ちなみに左のおじさんはサウジアラビアからの出稼ぎらしい。サウジアラビアの方が稼ぎいいんじゃね?って思うのは僕だけじゃないはず(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

街道にはこのようなチベット仏教のお経やマニ車などが多くあります。信仰に深く寄り添っているのがよくわかります。
途中、お昼ご飯を食べていると雨!「え、今は雨季なの?」ってダワに聞くと「そうだよ」と言われる。今回もほぼ何も調べていなかったので、今が雨季だとこの時初めて知りました(笑)
9月末頃に雨季が終わるらしいです。おい、まじかよ、アーロン。それ言えよ!って思いましたが後の祭り。適当ガイドアーロンを信じた僕が悪いのです(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

初日のホテルはこんな感じ。ホテルって名前ですが、日本で言うところの山小屋です。これはかなりいい方。でも世界中からツーリストが来るので、基本個室でそこそこちゃんとしてます。
ツーリストはいなくて、まさかの貸切。。。なんか切ない。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:2 パカディン(2610m)→ナムチェ(3440m)】
8時前にはホテルを出て出発!
この日はシェルパの故郷と言われているナムチェまで。結構登るので気合を入れてGO!
でもこの日も曇り時々雨。まじテンション下がる。。。

ネパール エベレスト街道トレッキング

と、思っていたら、途中で去年何日か一緒に歩いたチェコ人のブバックおじさんのガイド、アマルさんに偶然再会!向こうもわかって、おおおおおおおお!!!!!って大興奮してしまった(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

学校に向かう子供達。もちろん全員チェキを撮ってあげました。
子供達は最初は少し警戒してて「またツーリストが私たちの写真撮りたがってるわ」みたいな冷めた感じなんですが、チェキのフィルムが出て写真が浮かび上がってくると大興奮!!
「single!single please!!(私一人で撮って)」の大合唱になります(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

ネパールといえば的な長いつり橋。向こうからヤクも渡ってきます(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

ものすげー登りがあって、まじでヘトヘトになりながらも、なんとかナムチェに到着。
この日は本当に疲れました。
ナムチェは、バザール(フリマのカオス版みたいなやつ)もあり、この地域最大の街です。いろいろなお店があります。ここにもスタバの偽物がありました(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

今回のガイドのダワ。エベレストに7回、8000m峰に27回登頂しているとは思えないぽっこりお腹の持ち主(笑) バリバリの現場作業シェルパ、って感じじゃなくて、若手に指示する現場責任者って立ち位置だと思います。
シェルパ族だから顔が日本人に似てます。僕も何回も現地人にネパール語で話しかけられました(笑)
ナムチェは標高3440m。ここで高度順応ために1日ステイします。

この日、僕らの他にもツーリストが一組いて、彼らもアイランドピークに登りに行ったらしい。でも大きなクレバスなどがあって登れずにベースキャンプから引き返してきたらしい。まじか。。。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:3 ナムチェ(3440m)】
高度順応のために、数百m登ったところにある日本人に大人気の「エベレストビューホテル」へ。でもこの日も雨!毎日雨!!!テンション激下がり。

ネパール エベレスト街道トレッキング

葉っぱが深い霧で濡れて可愛い感じ。

ネパール エベレスト街道トレッキング

エベレストビューホテル。でも完全なるノービュー!!!なんだかなーなダワ。

ネパール エベレスト街道トレッキング

なんだかなーでナムチェのホテルまで戻ってきました。
ホテルの庭でサッカーをしている少年たち。もちろん全員チェキを撮ってあげました。
一番大きい少年:ダワ(ガイドのダワと同名。以後ダワ少年と記す)は、僕の泊まっているホテルの子だったので、かなり仲良くなりました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ダワとアイランドピークについて話をする。
ダワが色々と聞いて回って調べてくれた結果によると、まだ時期が早すぎてアイランドピークにハシゴやロープが設置されていないらしく、大きなクレバスやクラック(裂け目)が多く登れないらしい。これまでに8組が登りに行ったけど全組ダメで引き返したらしい。それカトマンズで調べてよ!って思うけど、それがネパール。
エベレスト7回登頂男のダワでも、それじゃぁ俺もどうすることもできないよ。と言うので、アイランドピークは断念することに。。。もちろん払ったお金は戻ってきません。テンション激下がり。。。

でもピークハントは、ビストロきっちょむ登山隊の行動基準の最下位なので、気持ちを切り替えようと努力するのであった。
カラパタールという丘(5550m)からエベレストを見ることを目的に変更。
今までのパーソナルベストはキリマンジャロの5895mなので、5550mじゃ更新できないけど、仕方がない。。。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:4 ナムチェ(3440m)→パンブーチェ(3930m)】
この日も雨。というか大雨!テンションあがらねー!!
日本だったら絶対に中止にする天気の中、途中で500Rs(1Rs=1円)で買った傘をさして出陣。

ネパール エベレスト街道トレッキング

もはやここがネパールなのか高尾山なのかわからないレベルで何も見えません。

ネパール エベレスト街道トレッキング

4時間ほど歩いて宿泊地のパンブーチェに到着。この日のホテルも貸切。
ホテルのお母さんは愉快な人で、僕らしかいないので、リビングではなくキッチンでご飯を食べました。キッチンはどこもこんな感じ。

この日の夜、アイランドピークにも登れず、眺望も全くなく、俺はここで一体何をしているんだろうと思い、もはや日本に帰りたいと思い出す。崩れそうになる気持ちを必死に立て直しました。
とりあえずエベレストの写真を日本に届けよう。。。負けるな、俺。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:5 パンブーチェ(3930m)→ペリチェ(4240m)】
と思ったら、初めて晴れた!!!!!!!!!!!!!
絶対に見たかったアマダブラム(6814m)がはっきりと見えました。ものすごく急峻でかっこいい!!ずっとずっと見ていました。やっぱり来てよかった。
でもすぐにガスが上がってきて、1時間と経たずにアマダブラムはガスの中に隠れてしまいました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ネパールの子供も本当に可愛い。チェキを確認するダワ。

ネパール エベレスト街道トレッキング

この日はガスは多いけど、少し青空が見えました。
青空が見える。それだけでかなり元気が出ました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ガスの向こうに本当にちらっとだけローツェ(8516m)が見えました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

標高は4000mを超えましたが、体調は絶好調!食欲も旺盛、頭痛も一切ありません。
やはり高所に来たのも3回目なのでかなり慣れています。おそらく5000mまでは問題なくいけると思います。
いつか書こうと思っていたんですが、ちょっとわかりづらいけど、私の靴下はDarn Toughって靴下なんですが、これキリマンジャロ以前からずっと履いています。3年以上毎回これですが、これは絶対に破れない靴下なのでオススメです!

ネパール エベレスト街道トレッキング

向こうにこの日の宿泊地の街が見えてきました。
山々は隠れていますが、天気は悪くありません。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ホテルに着いたら芝生でのんびり。4200mとは思えませんね(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

夜は冷えるのでストーブを囲みました。この日もホテルは貸切。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:6 ペリチェ(4240m)→ゴラシェプ(5140m)】
翌朝はいい天気!ヒマラヤの山々が見えます。山々を眺めながら歯磨きをするわたくし。

ネパール エベレスト街道トレッキング

標高6000m越えの山々は真っ白なので、すぐにわかります。本当に美しいです。
朝一瞬晴れて、すぐにガスが上がって来てしまいました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

この日の目的地はロブチェ(4910m)。
ビスターリビスターリ(ゆっくりゆっくり)のペースで登っていきます。
天気はガッスガスのド曇り。

ネパール エベレスト街道トレッキング

標高4500mを越えても体調良好!
この青いアウターはノースフェイスの防風のソフトシェル。裏起毛でちょっと暖かいやつです。今年の春に買った初めてのソフトシェルですが、ソフトシェルってめちゃくちゃ使い勝手いいです。

ネパール エベレスト街道トレッキング

途中でモニュメントゾーンに。聞くと、山で亡くなったシェルパや登山家の人のお墓らしい。日本人の登山家の方のお墓もありました。
僕らの滞在中にもアマダブラムでスペイン人登山家が滑落死したとダワから聞きました。この辺りの山を登るということは死と隣り合わせということ。

ネパール エベレスト街道トレッキング

結構いいペースでこの日の宿泊地のロブチェ(4910m)につきました。雲がすごくて山々は何も見えず。

ネパール エベレスト街道トレッキング

洒落たホテルのメニューブック。標高5000m直前、食欲が減退し、初めてランチを残しました。やはり5000mが僕の中での境界線のようです。
時間が早いので先に行くか?とダワに聞かれる。この先はもうエベレストのすぐ近くの最高到達点のホテル。
「もし翌日がいい天気なら先に進もう。(先に進むとなると、明日カラパタールに登ることになるので)」と言うと、「明日はいい天気になると思う!」とダワが言うので、じゃぁ行こう!と、予定を繰り上げて先に進むことに。

ネパール エベレスト街道トレッキング

標高はついに5000mを越えました。驚いたことに、そんな高所でも高山植物が花を咲かせていました。僕の好きなブルーの花。

ネパール エベレスト街道トレッキング

晴れていればヒマラヤの山々が見えるはずですが、何にも見えず。。。

ネパール エベレスト街道トレッキング

15時ごろ宿泊地のゴラシェプ(5140m)に到着。5000mを越えて、登りではすぐに疲れてしまうので、ゆっくりゆっくり登ります。むしろ、ゆっくりゆっくりでしか登れません(笑)
右奥にエベレストがあるはずですが何にも見えず。。。
右奥に少し氷河が見えます。あの氷河、ダワ曰く20年前までは、もっともっと下流まであったらしいです。今は地球温暖化で溶けてしまってあんなに向こうまで後退しています。地球温暖化に無関心ではいられません!

ネパール エベレスト街道トレッキング

ホテルの食堂にはいろいろな記念の旗やTシャツがありました。ビストロきっちょむ登山隊ステッカーを探せ!レベル8。
シーズン前なので稼働していませんでしたが、シーズン中はWi-Fiが使えるようです。
標高が5000mを越えているので、空気が薄いのがわかります。
この旅で初めて頭痛がして、食欲がありません。でも食べないとパワーが出ないので、頑張って夕飯は食べきる。
翌日はいよいよカラパタール(5550m)に登ってエベレストを見る日です。でもここ数日は天気が悪くエベレストは一切見えていないらしいです。。。。。。。。
晴れることを心から祈りながら就寝。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:7 ゴラシェプ(5140m)→カラパタール(5550m)→ペリチェ(4240m)】
と言っても、ほとんど眠れず。眠ったか眠ってないのかわからないまま起床し、朝ごはんをちょびっと食べて午前5時出発。食欲は全然なく、ほぼ食べられず。でもあと400mあげるだけなので、体調は問題なさそうです。
荷物はホテルにデポっていくので、最低限の荷物をアタックザックに詰めていきます。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ガッスガス!!周りの山は一切見えず。。。
気温は思ったよりも寒くなくて0〜5℃くらいだと思います。
アタックザックをダワが背負ってくれたので、僕は空身。空身でもすぐに息が切れます。

ネパール エベレスト街道トレッキング

エベレストは完全にガスの中。
横でダワがずっっと晴れることをお祈りしてくれていました。
晴れろ晴れろ晴れろ晴れてくれーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ネパール エベレスト街道トレッキング

すぐ横にどでかい山があるっぽいですが、ほぼ見えず。
プモリ(7161m)。すぐ近くにあるみたいで度肝を抜かれるほど巨大です。
晴れてくれ!!!!!!!! 頼むーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

ネパール エベレスト街道トレッキング

ん、なんか山頂っぽいの見えたぞ。。。
っと思ったと同時にダワがポールを示しながら叫んだ。
「エベレストの山頂だ!!!!!!!!!!」
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

ネパール エベレスト街道トレッキング

あたりはガッスガスなのに、エベレストの周りだけ、少しずつガスが晴れていきました。本当に奇跡のようでした。
右側がヌプツェ(7861m)。左奥の少し隠れているのがエベレスト(8848m)。ヌプツェの方が手前にあるので、かなりインパクトがでかいです。めちゃくちゃ男前!

ネパール エベレスト街道トレッキング

アイランドピークにも登れず、天気も悪い日々が続いて散々だったけど、神様がそんな僕に特別にエベレストを見せてくれたのかな。と思いました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

エベレスト。あれが世界一なのか。
見えるとは到底思えないほどガッスガスだったのに、大逆転で見えたので、本当に嬉しかったです。
でも10分ほどであたりは再びガスに包まれてしまいました。エベレストがちゃんと見えたのは本当に一瞬でした。

ネパール エベレスト街道トレッキング

エベレストが見えたので、ぶっちゃけ若干どうでもよく思えたのですが、一応カラパタール5550mに登り切っておきました(笑)
この日の朝は、僕を含め3組だけがカラパタールに登って奇跡的にエベレストを見ることができました。
ずっとお祈りしてくれてたダワにも感謝!

ネパール エベレスト街道トレッキング

「エベレストベースキャンプは何があるの?」とダワに聞くと「今は無人だからテントも何もないよ。」と言われました。まぁ看板くらいはあるだろうけど、もういいやと思って「もう満足したから行かなくていいや。ホテルに戻ろう」と言ってホテルに戻りました。
いつかまたここに来る時のお楽しみにしておきます。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ゴラシェプのホテルに戻る途中、再び一瞬だけヌプツェが!本当にかっこいい!
ホテルに戻ると、ダラダラとパッキング。眠いし空気薄いし疲れたしで、ダラダラとしか動けません。
荷物を詰めたら下山開始。

ネパール エベレスト街道トレッキング

その日はそのままペリチェまで一気に降りました。ほっとんど寝てないから眠い!!!
最後は横殴りの雨!傘をさしてシクシクと降りました。
本当に疲れましたが、エベレストが見れて本当によかった!
一気に標高を1000mほど下げたので、体がめちゃくちゃ楽!4200mにいるとは思えません。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:8 ペリチェ(4240m)→ナムチェ(3440m)】
この日は一気にナムチェまで戻ります。ナムチェまで戻ればWi-Fiもホットシャワーもダワ少年も比較的美味しい食事もあります。
雲の向こうからアマダブラムの一部が見えます。もはや山頂と言ってもいいくらい存在感がありますが、山頂は右側の雲の中。どんだけでかいんだよ(笑)!

ネパール エベレスト街道トレッキング

カラパタールに同じ日に登ったツーリストのアメリカ在住アルゼンチン人のポンパ(後ろ)と、彼のガイド、キリシュ。走って追いかけてくるという謎行動(笑)
ポンパとはかなり仲良くなって、フェイスブックでも繋がって日本に彼が来たらうちに泊まる約束もしました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ナムチェへと続く道は、無限に感じました。
「あの先っちょまで行ったら街が見えるかな。。」っと思って頑張って歩くと、先っちょから再び同じようなこんな道が続いている。。。ってのが4回くらいあって、心がおれる寸前でした(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

なんとかナムチェの街までたどり着いて、ホテルでホットシャワーを浴びる。一週間ぶりのシャワー。本当に気持ちがよすぎて天国のようでした。人間に戻れました(笑)
リビングに戻るとダワ少年と私のチェキが飾ってありました。本当に嬉しい!

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:9 ナムチェ(3440m)】
この日はのんびりナムチェにステイ。終日ホテルでのんびり。いつものサッカー少年たちと記念撮影。僕の横がダワ少年。
ダワ少年のホテルに合計4泊もして、毎回二人並んでご飯を食べたので、別れる時は本当に悲しかったです。でも僕とダワ少年はサティ(友達)。また必ず会えるさ。

ネパール エベレスト街道トレッキング

【trek DAY:11.12.13.14 ルクラ(2840m)】
帰りは道で会う子供達のチェキを撮りながらのんびり降りました。
って、写真は一気に飛んで、ルクラです(笑)
ナムチェから2日歩いてルクラにつきました。
旅もこれで終わりです。いやぁ色々あったなぁ、なんて思っていたら、
なんと!ルクラからカトマンズのフライトが荒天で連日キャンセルになって、3日も待ちました!!!!!!!
右隅の建物が泊まっていたホテル。その横の平屋建てがキッチン棟。
そこで暇すぎて死にそうになっていました。

ネパール エベレスト街道トレッキング

ルクラについて4日目!空の向こうからやっと、やっと、やっと飛行機が飛んできた時は本当に興奮しました!(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

飛行機をワクワクしながら見ているラマの子供達。
第一陣3機が飛来したんですが、僕らがチケットを持っている会社の飛行機が飛んでこない!なんてことだ!
ダワがチケットを買い直している間に、第一陣が飛び去ってしまいました。天気の変化が早いので、曇ったらどうしよう。。。とハラハラと待ち続けること1時間。
空の向こうから第二陣が飛来。
きたーーーーーーーーーーーーー!
一秒でも早く飛行機に乗って帰りたいのに、なぜか僕らの機の搭乗が始まらない。
「なんでだなんでだ!?」「I can't wait!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ってやきもきしていると.....

ネパール エベレスト街道トレッキング

機長たちがのんきに朝ごはん食べてるーーーーーーー(笑) なんてこった(笑)!
その後、なんとか飛び立って、やっとルクラから脱出することができました。飛行機がルクラから飛びだった時は、本当にホッとしました。前の席の女性ツーリストは泣いていました(笑)

ネパール エベレスト街道トレッキング

カトマンズに戻ると、ホテルを去年も泊まったガネシャのホテルに変更。
ここは日本人が多いので、エベレスト街道では日本人と一人も会いませんでしたが、ここでは日本人ばかりでした(笑)
残った日は、ダワのご自宅招待してもらったり、去年一緒に数日歩いた他の人のガイドや、ガネシャやホテルのスタッフと遊んで過ごしました。アイランドピークがなくなってしまって日程が短くなってしまった&ガンガン進みすぎて、結構カトマンズで暇でした(笑)
昨年のガイド、アーロンだけちょうど仕事でトレッキングに出てしまっているので会えませんでした。

ネパール エベレスト街道トレッキング

2015年のアンナプルナ一周トレッキングについで2回目のネパール。目的のアイランドピークには挑戦すらできませんでしたし、雨季で天気も悪くあまり眺望を満喫したとは言えませんが、なんとかエベレストを見ることができてまずまず満足はしています。
チェキを200枚以上持って行って、最終的に180枚ほど撮影して150枚を現地の人々にあげてきました。重複を省いても130人ほどに渡したと思います。130人の笑顔が、とてもいいお土産となりました。

次こそは!っと、アイランドピークに挑戦しに来てもいいですが、2.3年は来なくていいかな、って気がしています(笑) 2年連続でネパールにがっつり来ているので、もうどんな感じか知っていて冒険感が薄いのが理由です。来年はヨーロッパの山に行こうと思っています。人生初のヨーロッパです。6000m峰には機会があれば挑戦してみたいと思っています。ヒマラヤの山々を思いっきり観れたわけではないので、また来る確率の方が高いとは思いますが、まだ分かりません。

エベレスト街道は世界中からツーリストが来ていますので、おそらく想像よりもちゃんとしてます。ボッロボロのホテルとか、クッソマズイご飯とか、そんな感じではないです。ただご飯はそこまで美味しくないですけど(笑)。ちなみに、僕は22日間の滞在で30回はダルバートを食べました。もはやダルバートを食べに行ったんじゃないか説が自分の中であります(笑) ダルバートが美味しい!ってよりも、他が美味しくなくてダルバートが一番マシだからです(笑)
感覚値で、登山寄りの人3:観光寄りの人7、って比率だと思います。世界的な観光地、という言い方もできると思います。登山歴がそんなになくてもカラパタールまでは行けると思います。荷物が辛かったらポーターを雇えば背負ってもらえます。そういうツーリストも多かったです。思っているより大変じゃないと思います。ただ街道は、ヤクや馬や家畜が通るのでウンコがかなり落ちていて最初はきっと引くと思います(笑)。

初めて見たエベレスト。スゴーーー!ってよりも、「あれがエベレストか。。。やっと見えた。。。しみじみ」って感じでした(笑) あれに登ってみたいか、って聞かれるとそんな気は起きませんでした。お金や経験の問題を抜きにしたとしても、ダワみたいなシェルパが危ない思いをしてせっせと下働きをして、そのあとをヨイショヨイショと登るのはどうなんだろうな、と今回の旅の間思いました。でもシェルパの助けなしには僕には登れないし。それに何よりも、何ヶ月も好きな人から離れて山に篭るなんて嫌です(笑)。今回の22日も長かった。。。次回以降は10日前後の遠征にしたいです(笑)

今回の遠征で一番衝撃だったのは、エベレスト近くの氷河の後退の凄さでした。何キロ(何十キロ?)も後退していました。 キリマンジャロの氷河も消えてしまうと言うし、地球温暖化がやばすぎる、とつくづく感じました。無関心でいられません。
来年ビストロきっちょむ登山隊のイベントとして植林活動をしたいと思っています。メンバーとサイトを見てくれている方と一緒に植林できたら嬉しいな、と思っています。でも植林するにはどうしたらいいのか分からないので、もし植林できるよ!って情報をお持ちの方がいたら、ぜひご一報ください。

今回のこのレポートは、書き出すとすごいボリュームになってしまうので、かなり省略して薄めた内容です。完全版は「ネパール遠征ダイアリー(仮)」として、日記の中身をそのままカルピス原液版として、年末か来年に別の形でリリースいたしますので、ご期待ください。

今回も楽曲を使ったので広告が入りますがご了承下さい。

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > ネパール エベレスト街道トレッキング

ネパール遠征の登山記録≪新着順≫

百名山
2016.08.30-09.20

ネパール エベレスト街道

百名山
2015.11.03-25

ネパール アンナプルナ一周

海外遠征の登山記録≪新着順≫

百名山
2016.08.30-09.20

ネパール エベレスト街道

百名山
2016.08.04-11

スウェーデン

百名山
2016.03.12-15

台湾・雪山(入口まで)

百名山
2016.01.09-17

フィンランド

百名山
2015.11.03-25

ネパール アンナプルナ一周

百名山
2015.07.7-14

スイス ハイキング

キリマンジャロ 登山
2013.09.26 - 10.05

キリマンジャロ

アクセスが多い登山記録

赤岳 登山
2012.10.16

赤岳

北岳 登山
2012.09.26

北岳

百名山
2016.05.30-31

燕岳

百名山
2015.11.01

ユーシン渓谷

一泊登山特集

一泊登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > ネパール エベレスト街道トレッキング