金峰山 登山 2017
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2017.09.19 金峰山 登山

今年は北アルプスに行くことが多く、槍ヶ岳はよく見るけど、富士山はうっすいのとか小さいのしか見ていなかったので、「富士山を久しぶりにちゃんと見よう!」っと、3連休明け&台風が去ったばかりの火曜日に、1人でふらっと金峰山に登ってきました。
金峰山に登るのはこれで7回目。金峰山は私の毎年登りたくなる大好きな山のひとつです。
今回は必要以上に頑張りたくないので、大弛峠から登りました(笑)

金峰山 登山 2017

上記はざっくりとしたルートです。詳細な地図は下記の地図のご購入をお願いいたします。
地図: 山と高原地図 金峰山・甲武信

※地図を持たない登山は危険ですので、必ず購入し、自分の経験と体力を考えて、無理のない山行計画を立て、ご自身の判断と責任で登山をおこなってください!
地図はお近くの本屋さんで売ってますし、スマホアプリでもあります。(スマホアプリ)
金峰山 登山 2017

真っ暗な山道を20kmクネクネと来て、4時ごろに大弛峠に到着しました。
途中で鹿は道の真ん中にいたりいきなり飛び出して来たり、台風の影響で木が倒れて車道を半分以上塞いでるわ、なんてのも乗り越えて、なんとか到着。鹿には本当にびっくりしました。
大弛峠駐車場の場所をgoogle MAPで確認する

金峰山 登山 2017

ほぼ寝ないで来たので駐車場で仮眠。眠いから起きたくないけど頑張って起きて、5時過ぎに出発。
この時の気温は6度でした。寒い。眠いし寒いし。。。
なぜこんな夜明け前に来たかというと、今回のテーマは「朝と富士山」だからです。どうしても朝の繊細な光の写真が撮りたかったのです。
平日の5時なので車は5.6台しか停まっていませんでした。

金峰山 登山 2017

国師ヶ岳と金峰山セットで行こうと思っていたのですが、きっとまた両方行くのは面倒になっちゃうと思ったので、金峰山だけにしました。
日の出が近いのでヘッデンなしで入山!

金峰山 登山 2017

って、いきなり道が通れなくなってるし!
え、なにこれ?どういうこと??

金峰山 登山 2017

5分くらい行くべきか行かないべきかを悩んでいると、横に白いビニールテープの目印と道らしきものが。。。
なんでかわかりませんが、道を新しくしているようです。
今までの道は通れなくしてあって、白いビニールテープの獣道みたいなところを登って行くルートになっています。

金峰山 登山 2017

5分ほど謎の新道を行くと、今までの道に戻ります。

金峰山 登山 2017

台風の風が原因か、木が何本か倒れていました。
天気はまさかのガス多め!
オーマイガー!

金峰山 登山 2017

って、思ってたら、振り返ると、ちょっと朝焼けしだしてるし!
来い来い来い来い!!!!

金峰山 登山 2017

って、うーん。。。
まぁ朝焼け来たっちゃ来たけど、こんな感じでした。なんか微妙だ。

  金峰山 登山 2017

風が強くガスったり、ちょっと視界が晴れたりの繰り返しでした。

金峰山 登山 2017

見上げると青空が。ガスは多いけど、いい天気になりそう。

金峰山 登山 2017

って、思っていたら朝日が来たー!
来い来い来い来い・・・

金峰山 登山 2017

今度はちゃんと来たー!
朝日が木々の間に差し込見つつ、ガスがレースみたくなって、かんなり素晴らしかったです!

金峰山 登山 2017

朝日岳直前の視界開けるゾーンに来ると、この眺望!
中央の奥の山が国師ヶ岳です。朝日がきっもちイーーーーー!

金峰山 登山 2017

富士山も見えたけど、まだあんまり本調子じゃなさそう。
しかし今日も雲海祭りが開催中です。

金峰山 登山 2017

完全に気持ちいいから、三脚だして自撮りしちゃいました。
1人で三脚だして、シャッターぽちっと押して、急いで立ち位置に行って、ポーズ決めて、ってやってる姿、アホ全開で結構好きです(笑)
今日は1人なので基本そのスタイルでした。

金峰山 登山 2017

そんなこんなしてたら、もっすごい雲海が流入して来たし!
この光の感じは朝しか見れないから来て本当に良かった!

金峰山 登山 2017

なんか神秘的じゃん!って1人で喜んで撮ってました。

金峰山 登山 2017

チェックポイントの朝日岳に到着。
1人で来ることが少ないので、1人だと歩くペースがいまいち掴めない最近。

金峰山 登山 2017

遠くに金峰山山頂の五丈石が見えます。ちょっと遠くね?
ここで引き返しちゃおうかな、という考えが心の中に15%ほど芽生えましたが、頑張ってあそこまで行くぞ!(笑)

金峰山 登山 2017

思ったよりも紅葉が始まっています。こりゃ今月末には見頃になるんじゃないかな。(という根拠のない推測)

金峰山 登山 2017

道はこんな感じのちょい岩岩道です。
このルートはそんなに登らないのですが、朝日岳のところでアップダウンがあるので、じわじわ疲れます。

金峰山 登山 2017

山頂手前の視界開けるゾーンその2まで来ました。
甲武信ヶ岳の方かな。空と山々が本当に気持ちいい!

金峰山 登山 2017

目印となる五丈石が近づいて来ました。
この稜線がヴィクトリーロードです!

金峰山 登山 2017

ちょっとゴツゴツした岩岩ゾーンを抜けると。。。

金峰山 登山 2017

山頂の看板来たー!
大弛峠から2時間で山頂までこれました。

金峰山 登山 2017

山頂の看板の横の石に登ってご飯を食べようとしたら、ブロッケン現る!けどちょっとわかりづらい(笑)

金峰山 登山 2017

いつ見ても、こんな巨大な岩がこの重なりで山頂にあるのが不思議すぎる!!
不思議岩ハンターの私としては、三重の御在所に来年絶対に行ってみたいです。

金峰山 登山 2017

なぜか小さく「ぐー!」
時間が早いので、貸切でした。贅沢!

金峰山 登山 2017

今回は1人なので、ビストロはしないで、ご飯を持って来ました!
この二日前。淡路島のお父さんが、お芋とか茄子とか玉ねぎを大量に我が家へ送ってくれたのです。
でも、料理へっぽこの私じゃ、芋とか茄子は満足に調理できないので、ラブピンクに「明日うちに来いよ!」と強制的に呼びだして、料理を作ってもらい、それをタッパに入れて持って来ましたー!
淡路島のお父さん、いつもありがとうございます。ラブピンク、くるしゅーないぞ。
「茄子いっぱいもらったから、茄子フェスだ!」って2人でうちのキッチンで盛り上がっていました。普段からそんな感じ(笑)

金峰山 登山 2017

ご飯を食べ終わっても、ずっと景色を見ていました。
五丈石、かっこいいなぁ。

金峰山 登山 2017

富士山は完全に雲海に浮かんでいました。最高!
静岡市出身の私としては、やはり富士山を見ると嬉しいです。

金峰山 登山 2017

山頂の気温は11度。風が吹くと寒いので、防寒具をお忘れなく。
いつもの温度計はこちら

金峰山 登山 2017

雲海の中から一瞬顔を出した瑞牆山。この時瑞牆山の山頂にいたら、どんな景色が見れたのだろうか。

金峰山 登山 2017

名残惜しいけど、眠いのでぼちぼち帰ります。

金峰山 登山 2017

金峰山の看板と、私のピース!
さて、下山開始!(ピース見つけてください)

金峰山 登山 2017

って、思ったけど、景色が良すぎてなかなか進みません。
↑を、セルフタイマーで必死に撮っているので、さらに進みません(笑)

金峰山 登山 2017

ハイマツの渦。

金峰山 登山 2017

振り返ると、山頂と金峰山小屋(右下のちっこい建物)。
金峰山小屋の手ぬぐいは本当に可愛いので、そのためだけに行く価値ありです。

金峰山 登山 2017

山頂から2時間弱で下山!下りは15人くらいの方とすれ違いました。

金峰山 登山 2017

戻って来た時には駐車場はかなり混んでました。紅葉の季節はもっと混むと思うので、朝はお早めに!

朝日と富士山を見に行った金峰山でしたが、本当に期待通りで最高でした。
北アルプスの3000m峰ももちろん最高ですが、僕は金峰山や甲武信ヶ岳も同じくらい大好きです。きっと来年もまた来ると思います。
登山初心者の方でもこのルートは安全にいけると思うので、おすすめです。富士山と五丈石に大満足間違いなし!
公共交通機関でいく方法は、↓のラブピンクレポートをチェックお願いします。3年前のちょっと若いラブピンクレポートです(笑)

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 金峰山 登山 2017

金峰山の登山記録≪新着順≫

百名山
2017.09.19

金峰山

百名山
2016.11.12

金峰山

百名山
2015.12.06

金峰山

百名山
2015.10.21

西沢渓谷/金峰山

百名山
2014.10.29

金峰山

百名山
2014.09.27

金峰山

百名山
2014.03.28

金峰山

秩父・多摩の登山記録≪新着順≫

雪山登山特集

雪山登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 金峰山 登山 2017