九重山 ミヤマキリシマ登山
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2017.05.30 九重山 ミヤマキリシマ登山

ミヤマキリシマを見るための九州遠征の二日目です。
この日はメインディッシュである「九重山」に行きます。帰りの飛行機のこともあるので、とりあえず行けるところまで行こうと思います。
この日の目的もやはりミヤマキリシマ。
それとよくインスタグラムなどで見かける「坊ガツル」ってテン場です。

九重山 ミヤマキリシマ登山

この日は宿泊先の由布岳近くのコテージからスタートです。
「朝もお風呂に入って、コテージを7時には出発しよう!」って前夜は話をしていたんですが、全員見事に起きれずにお風呂なしで7時半に出発!
由布岳がこの日も綺麗です。

九重山 ミヤマキリシマ登山

由布岳の近くのコテージから1時間ほど車で来るとくじゅうの山々が見えてきました。
きっもちいい直線道路!
九重山は、九重山って名前の山はない八ヶ岳方式です。
でも久住山って山はあったり、九重山がある九重町は「くじゅうまち」ではなく「ここのえまち」と、結構難易度高めです。
(今回のこのレポートは、この山群全部を「くじゅう」または「九重山」と表記します。)

九重山 ミヤマキリシマ登山

ラブピンクTシャツが毛玉がすごいことになっていたので、今回から2代目ラブピンクTシャツです。(へそ出てるし・・・)

九重山 ミヤマキリシマ登山

上記はざっくりとしたルートです。詳細な地図は下記の地図のご購入をお願いいたします。
地図:山と高原地図 阿蘇・九重 由布岳 2017
地震による通行不能の箇所が多数あるので、必ず新しい地図をご購入の上、お出かけください。

※地図を持たない登山は危険ですので、必ず購入し、無理のない山行計画を立て、持参して下さい!
お近くの本屋さんで売ってますし、スマホアプリでもあります。(スマホアプリ)
九重山 ミヤマキリシマ登山

やっぱし一番メインの登山口からエントリーしようよ。ってことで、メインと思われる長者原(ちょうじゃばる)の登山口にきました。
奥の建物の横に駐車場があったんですが、平日なのに満車!近くにあった第二駐車場らしき所に車を止めさせてもらいました。
人気も八ヶ岳級!
くじゅう登山口の駐車場の場所をgoogle MAPで確認する

九重山 ミヤマキリシマ登山

くじゅう登山口の建物の横から登山開始!

九重山 ミヤマキリシマ登山

いきなり木道の湿原!めっちゃ気持ちいい!木道ってなんかテンション上がります。

九重山 ミヤマキリシマ登山

下を覗き込む二人。なんとかの花が咲いている、って言っていたけど、何の花かは忘れました(笑)

  九重山 ミヤマキリシマ登山

木道の先に登山届のポストがあったの提出してから先に進みます。必ずご記入をお願いいたします。

九重山 ミヤマキリシマ登山

湧き水がこんこんと湧き出ている泉。

九重山 ミヤマキリシマ登山

風も心地よく、気持ちいい森歩き。

九重山 ミヤマキリシマ登山

森を抜けるとちょいちょいミヤマキリシマが咲いているゾーンにきました。
満開になったらこんなもんじゃないですよ!って地元のお母さんが教えてくれました。
昨日の鶴見岳の方がミヤマキリシマは咲いていました。
昨日結構堪能したからか、心なしかミヤマキリシマに関心が薄い女子たちであった。。。

九重山 ミヤマキリシマ登山

しばらく行くとまた木道きたー!
ここは雨が降ると池になる「雨ヶ池」。木道も綺麗になったんですよー!
と、今度は違う地元のお父さんが教えてくれました。
九州の人はみんな親切!

九重山 ミヤマキリシマ登山

イワカガミだ!っと撮影するラブピンク↓

九重山 ミヤマキリシマ登山

こんな感じ!
雪山も良かったけど、やっぱり春っていいなぁ。花を愛でる季節がやってきました!

九重山 ミヤマキリシマ登山

ちょっと視界がひらけたところから、草原とテントが見えました。おぉ、あれが坊ガツルだ!!
広いっ!地図によるとテント1500張まで行けるらしい。
「お盆やGWにはテントがものすごいのよ!」っと今度は近くにいた地元のお母さんが教えてくれました。
九州の人はどこまでも親切!!
なんか坊ガツルってこっちで言う「ふもとっぱら」みたいだ。山の中のふもとっぱらなんて、最高すぎるぜ!!

九重山 ミヤマキリシマ登山

テケテケ歩いて坊ガツルまできました!
最高に気持ちいいいいいいいい!!!!!!!!!!!

九重山 ミヤマキリシマ登山

ここは本当に気持ちがいいルート。最高ですなぁ。
僕が九州在住だったら、ここはかなりの頻度で来るだろうな。

九重山 ミヤマキリシマ登山

岩の上に登って、風が気持ちいいいいい!っと言っているラブピンク。

九重山 ミヤマキリシマ登山

どれどれ、と、私も岩に登って坊ガツル方面を望む。
昼前について、あそこで昼寝したら最高だろうなぁ。って3人で妄想しました。
今度は絶対に坊ガツルに泊まろう!ってことに満場一致でなりました。

九重山 ミヤマキリシマ登山

朝ごはんはパンをかじっただけだったからお腹が空いたので、この法華院温泉で休憩することにしました。
ここは九州最高所の温泉なんですって。

九重山 ミヤマキリシマ登山

法華院温泉山荘の看板の前で記念撮影。
ノースフェイスLOVEの姉ちゃんY嬢と、ノースフェイスLIKEの兄ちゃん私の影響で、妹ラブピンクのノースフェイス化が加速中。
(でもこの間ふらっと入ったアークテリクスで、ソフトシェルをなんとなく着たら、あまりの良さに震えました。で、値段見てさらに震えました笑)

九重山 ミヤマキリシマ登山

平日だから空いていたけど、今週末の6/4が山開きだからか結構予約の電話はひっきりなしにかかってきていました。
この売店でブルーハンター兼手ぬぐいハンターのY嬢は可愛らしい手ぬぐいをゲットしていました。Y嬢はバッチハンターでもありますが、ピークハントしてないから買っちゃダメな僕らのルールにより、バッチは買えずでした(笑)
ここ、登山者も温泉も入れるみたいです!
法華院温泉山荘のHPはこちら

九重山 ミヤマキリシマ登山

お腹が空いたのでカレーライスを三人でガツガツいただきました。
飛行機の時間もあるし、そんなに慌てたくないし、降りてからのんびり温泉も入りたいし、ってことで、今回はここまでとして、ぐるっと回って長者原の駐車場まで引き返すことにしました。
本当は立中山ってところが満開に近いみたかったので行きたかったのですが、、、まぁ仕方ありません。
九重山は半日ではとても足りませんね。次回は九重山だけのために行こうと思います。もちろん坊ガツルに泊まりたい!(でも飛行機だとガス缶が運べないのが辛いなぁ。。。)

九重山 ミヤマキリシマ登山

お腹がいっぱいになったら出発!
暑いなぁと思って温度計を見たら26度!激アツ!

九重山 ミヤマキリシマ登山

法華院温泉山荘の横を抜けて、すがもりコースを行きます。

九重山 ミヤマキリシマ登山

ここからまさかのこの日一番の上り坂。すがもり峠を超えて行きます。
登り出して5分で息切れをしだすラブピンク(笑)
山肌にはミヤマキリシマが咲いています。

九重山 ミヤマキリシマ登山

エッサエッサ登って振り向くと、坊ガツルがあんなに下に。

九重山 ミヤマキリシマ登山

最後は岩岩してきました。
なんだかんだ言って、ラブピンクも結構いいペースで登れました。

九重山 ミヤマキリシマ登山

登り切ってみると、まさかの砂の平地と岩山!
ものすごい表情が豊かだぜくじゅう!と、言ってるしたり顔のおじさん。

九重山 ミヤマキリシマ登山

峠の最後の登り。
最初は湿原だったのに、森だったり、気持ちのいい原っぱだったり、岩山だったり、本当に九重山の山歩きは退屈しませんでした。

九重山 ミヤマキリシマ登山

すがもり超避難小屋に到着。ちょっとペースが早かったので、ここでのんびり休憩しました。
小屋って言うか、ちょっと遺跡みたいな感じでした(笑)
暑いので意識して水分を多めに飲みました。
なんかY嬢の帽子、ちょっと鍋敷きっぽいね(笑)

九重山 ミヤマキリシマ登山

長者原に向けて下山開始。こっちもちょいちょいミヤマキリシマが咲いていました。

九重山 ミヤマキリシマ登山

にしてもこっちのルートは日差しを遮るものがないから激アツ!
太陽がジリジリです。

九重山 ミヤマキリシマ登山

最後は車道歩きで、無事に九重山から下山しました。
今回はピークハントしなくてもいいかな。と思えたくじゅうでした。とっても気持ちよかったです。

今回の九重山にきた感想は、「坊ガツルめっちゃいい!」です!
九重山はあんまりミヤマキリシマが咲いてなかったしノーピークでしたが、坊ガツルがめっちゃ気持ちよかったね!っと、三人とも大満足でした。
来年か再来年か、山開き後のミヤマキリシマが満開のくじゅうにまたきたいと思います!もちろん坊ガツルにテン泊で!平日に!

下山後は別府まで移動して温泉に入って、別府冷麺を食べて、飛行機で帰りました。
LCCだったら成田-大分を片道6000円から10000円くらいで行けちゃうから、本当に便利な時代になりました。
大分かなりいいところだったのでぜひ機会があったら行ってみてください!坊ガツルはかなりいいと思います!

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 九重山 ミヤマキリシマ登山

九州の登山記録≪新着順≫

一泊登山特集

一泊登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 九重山 ミヤマキリシマ登山