雲取山 登山
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2014.3.15/16 雲取山 登山

大雪の影響でぜんぜん山に行けず、45日ぶりの登山です。
今回は登山部のメンバーとそのお兄さんという変則な3人で、春間近の東京都最高峰の雲取山を山小屋泊で行きます。

雲取山 登山

快晴で絶好の登山日和です。
上の駐車場は売地になっていて駐車禁止になっていました。

雲取山 登山

右メンバーの背中の大きな洗濯バサミみたいなのは、プラスチック製のワカンです。(笑)
強度が大丈夫なのか、、、謎です(笑)

雲取山 登山

上の駐車場を抜けて、コンクリート道から再度山に入ると、すっかり雪山です。
しかし雪はしまっていて歩きやすいです。

雲取山 登山

3人の装備は、12本アイゼン、6本アイゼン二人という構成です。
すれ違う登山者は、12本アイゼン:30%、ノーアイゼン30%、チェーンスパイクなど軽アイゼン40%くらいの感じでした。
けっこうノーアイゼンの方がいて驚きました。(ノーアイゼンの方は、七ツ石山までなのかもです。)
雲取山まで行くならアイゼンは必須です。

雲取山 登山

七ツ石小屋の手前の巻き道は崩落の為、通行禁止です。

雲取山 登山

11:50 七ツ石小屋に到着。途中でのんびりお茶などしてたら、駐車場から4時間もかかってしまいました。
思っていたよりも相当疲れました。そして私は両足靴ずれに・・・。
ここでランチをして休憩。

雲取山 登山

少し雲が出てきていますが、富士山がよく見えます。

雲取山 登山

七ツ石小屋を出てしばらくすると雲取山の山頂が見えてきました。超遠い(笑)!

雲取山 登山

ブナ坂の分岐。雪は深いですがしまっているのでワカンは使わずに行けます。

雲取山 登山

振り向くと山小屋のあった七ツ石山が見えます。スキー場のような特徴的な山容です。

雲取山 登山

正面がヨモギノ頭、右の木で隠れているのが小雲取山、一番奥が雲取山です。登ったり下ったりでしんどい!

雲取山 登山

ヨモギノ頭からのわたくし。相当疲れています。

雲取山 登山

雲取山が見えてきました。

雲取山 登山

あと少し!

雲取山 登山

8時間ちょっとかかってやっと雲取山の山頂に到着!ヘトヘトです。

雲取山 登山

山頂から登ってきたルートを望む。右に先ほどの七ツ石山が見えます。
あの先から登ってきたので、かなりロングで歩いて来たのがわかります。
日帰りの方もそこそこいましたが、冬の雲取山は一泊を推奨します!

雲取山 登山

山頂は2Mほどの積雪があり、三角点などは雪の下でした。

雲取山 登山

山頂から20分ほど下ったところに本日お世話になる雲取山荘があります。
この日の宿泊者は20名ほどと空いていました。

雲取山 登山

山小屋の中はストーブがついてて各部屋にコタツもあって暖かく最高でした。

雲取山 登山

夕飯。山の上で生野菜などが食べれると嬉しいです。

雲取山 登山

翌朝は4時に起きてヘッドライトをつけて山小屋を出発。40分弱で山頂に着きます。
山頂で我々を含めて全部で8人くらいが、今か今かと日の出を待ちます。

雲取山 登山

ご来光きたー!
この日の山頂での気温は-6度ほど。思ったよりも寒くなかったです。

雲取山 登山

富士山も朝日を浴びております。

雲取山 登山

朝日に照らされてきれいです。

雲取山 登山

ご来光を眺めたら下山開始です。

雲取山 登山

雪が光っています。

雲取山 登山

富士山を眺めながらのんびり下山。
朝ごはんを食べたりしながらのんびりと進み、下山は11:50 山頂から6時間ほどでした。

二度目の雲取山でしたが、やっぱり超疲れました。もっと鍛えなきゃと痛感させられました。
雪が締まっているのでワカンは使いませんでした。
雲取山は一泊しても辛いので、もう当分来ないと思います(笑)

雲取山の天気 ←風速も分かります!
百名山 達成状況
ビストロきっちょむ登山隊のプロフィール

秩父・多摩の登山記録≪新着順≫

一泊登山特集

一泊登山特集