山小屋 or テントで一泊登山特集|ビストロきっちょむ登山隊
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

山小屋 or テントで一泊登山特集

一泊登山特集

一泊登山お勧めランキング

【1位】燕岳

一泊登山お勧めランキング

やっぱりここでしょ、燕岳!
燕山荘に泊まるのもいいし、テント泊をしてもいいし、燕岳は本当に最高です。
僕も毎年必ず行っています。あまりの人気で混みすぎるのが難点ですが、めちゃくちゃいいので、まだ登ったことはない方は是非一泊で行ってみてください。
ちなみに燕山荘はY嬢監修の山小屋ランキング第2位です。1位は下にあります↓

百名山
【山小屋泊】2016.05.30-31

燕岳

百名山
【テント泊】2015.07.25-26

【1位】燕岳

【2位】尾瀬

一泊登山お勧めランキング

尾瀬も毎年行ってますが、大清水→尾瀬沼よりも、鳩待峠→山の鼻のほうが好きです。
尾瀬は何といっても朝の空気が本当にいい!あの湿原ならではの空気は本当に最高です。日帰りもいいけど、ぜひ朝の空気を吸って頂きたいです。

百名山
【山小屋泊】2014.08.30/31

【2位】尾瀬 至仏山

【3位】北岳

一泊登山お勧めランキング

日本第2位の北岳のテント場も山小屋もかなり高いところにあるので、眺望は最高!僕は泊まったことがないけど「北岳肩の小屋」は日本で唯一の3000m以上のテント場です。(訂正:槍ヶ岳のテント場も3000m以上のようです)
北岳は富士山が近いので、富士山が良く見えるし、本当に最高でした。

百名山
【テント泊】2015.07.11-12

【3位】北岳/間ノ岳

【4位】飯豊山

一泊登山お勧めランキング

飯豊山(いいでさん)ってどこ?って思われる方も多いかもしれませんが、福島県/新潟県/山形県三県の県境にある飯豊山は本当に最高でした。
都心からは一泊以上じゃないといけませんが、避難小屋はきれいだし、避難小屋のおじさんたちはMAX親切だし、山は素晴らしいし、ぜひ行って頂きたい山の一つです。

百名山
【避難小屋泊】2015.07.03-05

【4位】飯豊山

【5位】槍ヶ岳

一泊登山お勧めランキング

北アルプスのシンボル槍ヶ岳。昨年登ってきましたが、本当に素敵でした。ちょっとロングルートで疲れましたが、槍の穂先に立った時の満足感はひとしおでした。大きな山小屋も何個もありますので山小屋泊でも最高だと思います。 今年もテントを担いでいこうと思っています。

百名山
【テント泊】2015.09.05-06

【5位】槍ヶ岳

【6位】赤岳

一泊登山お勧めランキング

赤岳に泊まりで行くならぜひ赤岳頂上山荘がお勧めです!
何といっても赤岳山頂の小屋なので、その眺望は最高!天気が良ければ最高の朝日や朝焼けが見えると思います。

百名山
【赤岳頂上山荘泊】2015.04.25-26

【6位】赤岳/横岳/硫黄岳

おすすめ山小屋

【1位】立山 みくりが池温泉

一泊登山お勧めランキング

ここはもはや山小屋ではなくホテル!温泉もあるしきれいだし水洗トイレだしご飯もおいしいし、燕山荘を超えて歴代最高!
携帯電話が充電できるコンセントも一人ひとつあるし、蛇口をひねれば立山の天然水。朝はバイキングと至れるつくせり!
僕らが行った時も、宿のテラスで雷鳥を何回も見ることができました。常連のおじさん曰く、オコジョもいるようです。(監修:Y嬢)
みくりが池温泉HP

百名山
2016.04.23-24

立山・雄山

僕のおすすめテント装備

一泊登山特集

テント:モンベルテント

これからテントを買うって方には絶対オススメ。
どこのテント場でも必ず見かけるド定番!安いし軽いし不満はまったくナシ!むしろ最高!間違いないです!
ただし、身長175cmの僕が使ってぴったりなので、身長がそれ以上の方はまっすぐ寝れません!身長が高い人にはお勧めしません。

寝袋:モンベル ダウンハガー800#1

伸縮性のあるモンベルのストレッチ寝袋はとても寝やすいです。
モンベルだったら2か1の冬でも使えるちょっと良いやつが良いと思います。夏は暑かったら掛け布団的な使い方にすれば良いし、秋冬は薄い寝袋で寒いと本当につらいです。どうせ何個も買わないんだから、買うなら絶対冬でも耐えられる良いやつが思います。

ザック:
隊長使用↓
ザ・ノース・フェイス テルスフォト 40
MARKHAM 60+20

テント泊用に新しくザックを買うなら50L前後がいいと思います。(60Lだと夏季には少し大きすぎます。)
山小屋泊でしたら40L以下でも大丈夫です。
僕は夏季のテント泊は40Lで行くことが多いです。40Lで十分です。35Lでも頑張れば行けると思います。
40Lでも夏季テント2泊までなら行けます。
ただし、限界までガンガン詰める&ある程度入らないものは諦める必要があります。マットなどは外付け。水分は水場で補給しながら行きます。
お酒や凝った山飯などを持っていきたい場合、もしくは冬でアイゼンやダウンを持っていくのであれば、60Lあれば余裕です。それ以上だと重くて背負うのがつらくなります。
冬季や遠征のときなど、荷物をこれでもか!ってくらい持っていくときは、ミレーの60+20で行きます。ミレーは背負いやすいですし、+20Lがかなり重宝します。 +20Lまで駆使すると80L。80Lまでフルで使うのは長期の海外遠征くらいですが。

マットレス:THERMAREST(サーマレスト) マット

これもド定番だけど、やっぱり最高です。
空気入れる系は面倒だし、冬は地面の雪から冷たさが伝わってきて寒いし僕の評価は△。サーマレストは手間要らずで暖かいから、文句なし!クルクル巻くやつより折るタイプのほうが良いと思います。
長いと邪魔なので短い130cmくらいので大丈夫!足はザックを敷いて寝てます。

地味だけどテントで重宝するアイテム:モンベル ランタンシェード

ヘッドライトの直線的な明かりを、テントの中に拡散してくれます。安いし小さいし、あるとけっこう便利です。今年テントデビューの方はぜひ!

山小屋 or テントで一泊登山一覧

これまでに行ったテント泊 or 山小屋泊の登山をまとめました。
僕も最初の数年は日帰りばかりでしたが、一泊するとそれまでとは違った山の表情や時間の流れを知れて最高でした。
山小屋やテントに泊まるとノンビリできるし、夕焼けや朝焼けが見れて最高です。

百名山
2016.10.22-23

北岳

百名山
2016.08.20-22

宮之浦岳

百名山
2016.08.04-05

富士山 富士宮口

百名山
2016.07.23-24

白馬岳

百名山
2016.07.16-18

蝶ヶ岳

百名山
2016.07.09-10

白山

百名山
2016.06.25-26

仙丈ヶ岳

百名山
2016.06.11-12

尾瀬

百名山
2016.05.30-31

燕岳

百名山
2016.05.20-22

伊豆大島ハイキング

百名山
2016.05.04-08

八丈富士

百名山
2016.04.30-05.02

蝶ヶ岳

百名山
2016.04.23-24

立山・雄山

百名山
【テント泊】2016.01.14-15

鳳凰山

百名山
【テント泊】2015.10.10-11

甲斐駒ヶ岳

百名山
【テント泊】2015.09.05-06

槍ヶ岳

百名山
【テント泊】2015.08.01-02

燧ケ岳

百名山
【テント泊】2015.07.25-26

燕岳

百名山
【テント泊】2015.07.19-20

鳳凰山

百名山
【テント泊】2015.07.11-12

北岳/間ノ岳

百名山
【避難小屋泊】2015.07.03-05

飯豊山

百名山
【赤岳頂上山荘泊】2015.04.25-26

赤岳/横岳/硫黄岳

百名山
【三斗小屋温泉】2015.04.18-19

那須岳

百名山
【テント泊】2015.03.21-22

鳳凰山

百名山
【燕山荘泊】2014.11.15/16

燕岳

百名山
【テント泊】2014.09.22/23

甲斐駒ヶ岳

百名山
【テント泊】2014.09.06/08

大雪山

百名山
【山小屋泊】2014.08.30/31

尾瀬 至仏山

百名山
【テント泊】2014.08.07/08

鳳凰山

百名山
【山小屋泊】2014.07.19/20

富士山 御殿場口

雲取山 登山
【山小屋泊】2014.03.15/16

雲取山

奥穂高岳 登山
【テント泊】2013.11.02-03

奥穂高岳(撤)

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 山小屋 or テントで一泊登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 山小屋 or テントで一泊登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページへ