ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2019.03.18 祖母山 登山

 毎年のように来ている九州遠征。今年は他のメンバーの予定が合わなかったので、久しぶりにのんびり二泊三日の一人旅をしてきました。
とりあえず阿蘇山の麓のキャンプ場を拠点にする、ってことだけを決めて、あとは気分次第、天気次第でふらふらっと行ってきました。

祖母山 登山

上記はざっくりとしたルートです。詳細な地図は下記の地図のご購入をお願いいたします。
地図:山と高原地図 祖母・傾 大崩山(登山地図 | マップル)

※地図を持たない登山は危険ですので、必ず購入し、自分の経験と体力を考えて、無理のない山行計画を立て、ご自身の判断と責任で登山をおこなってください!
⚠️この地図は登山用じゃないので必ず購入してください⚠️
地図はお近くの本屋さんで売ってますし、スマホアプリでもあります。(スマホアプリ)
祖母山 登山

熊本空港でレンタカーをして、のんびりと阿蘇山の麓のキャンプ場までやってきました。
キャンプの詳しい情報はあとできっちょむ.campに書くので割愛します。

祖母山 登山

阿蘇山か祖母山に登れたら登りたいなぁ。ってきたのですが、阿蘇山は噴火の影響で登れない!ってのを現地で知ったので、そのまま祖母山の登山口までやってきました(笑)。
ほとんど何も下調べをしてこなかったので、どこがメインの登山口かいまいちよくわからなかったのですが、直感で「尾平登山口」から登ることにしました。
祖母山の尾平登山口駐車場の場所をGoogle MAPで確認する
阿蘇山の登山情報(熊本県のページ)

祖母山 登山

駐車場の料金は一日500円でした。封筒にナンバーを書いて、その中にお金を入れるシステムでした。

祖母山 登山

登山届のポストもありましたので、必ず投函してから入山をお願いします!
登山口の手前30分くらいから、稜線に上がるまで、ドコモはずっと圏外でした。

祖母山 登山

阿蘇山に行ってたから少し遅くなって、9:35ににゅうざーーーん!!!!

祖母山 登山

ゲートの先にトイレがありました。

祖母山 登山

天気は快晴なり。ギザギザした山並み。きっと一番右の一番高いところが祖母山の山頂だと思います!
果たしてどんなお山かな。

祖母山 登山

標高600mからスタートです。山頂は1756mなので、標高差1150mと、なかなかハードボイルドです。

祖母山 登山

せっかくなので、宮原→山頂→黒金尾根と、ぐるっと回るコースで行きます。

祖母山 登山

まずはこの橋を渡って宮原(みやのはる)へ!

祖母山 登山

5mおきくらいにずっとピンクのリボンをしてくれてありました。
ちょっとルートがわかりづらい箇所もありましたが、このリボンを探しながら進めば道に迷うことはないと思います。

  祖母山 登山

標高100mごとに看板もあります。思ったよりも、かなりちゃんと整備してくれているルートでした。有難や有難や。

  祖母山 登山

やや朽ちていますが、分岐には必ず標識がありました。

祖母山 登山

ずんずん進んで標高1100mまできました。かなり登りやすい道でした。

祖母山 登山

木々の間から祖母山チラリズム。結構まだまだ遠い。。。

祖母山 登山

途中ちょっとしたロープ箇所がありました。でも全然余裕だと思います。

祖母山 登山

1300mまできたー!

祖母山 登山

標高1400m、宮原の分岐まできました。結構疲れた。ここからは稜線をいきます。

祖母山 登山

まだまだ祖母山が遠いです。

祖母山 登山

稜線はちょいちょい残雪が残っていました。

祖母山 登山

やっと祖母山の山頂が近づいてきた頃には、天気が薄曇りに・・・テンション下がるわぁ。

祖母山 登山

登りだした登山口が遠くに見えます。かなりきたなぁ。

祖母山 登山

見晴らしがいいところで小休止。

祖母山 登山

標高1600mを越えて、山頂まであと少し。
残雪&残雪が溶けてドロドロにゅるにゅるの道で、かなり嫌な感じでした。
この辺りで突然すぐ近くで、「ガサガサ!!」って音が草の向こうからして、熊かと思って一人で激しくビビりました。ら、犯人は鹿くんでした。鹿とは10頭ほど遭遇しました。

祖母山 登山

途中の祖母山9合目小屋に到着。ここは無人ってことだったけど、

祖母山 登山

中を覗くと、テレビまである快適空間でした。

祖母山 登山

ここまできたら山頂はあと少し。この分岐を右に。雪道をズボズボ登っていくと、

祖母山 登山

山頂に到着ー!ここまでに3組の方達とすれ違いました。
山頂までは3時間ちょうどでした。結構疲れました。

祖母山 登山

久しぶりにおNEWの百名山ゲットー!これで・・・61座目です!まだまだあるなぁ。

祖母山 登山

ビストロはまったくもってきてないし、眺望もまぁ普通だったので、さっさと下山開始(笑)
ルート的には、残雪がなかったら難易度は低めでした。

祖母山 登山

って思いながら、反対側の天狗岩の方に降りてくると、いきなり激しい岩場のくだりが出現。

祖母山 登山

それも連続で!いきなり険しい!

祖母山 登山

さらに凍りついた長いくだりの箇所。(下ってから撮った写真です)
完全に油断してましたが、こっちのルートはかなり激しい感じでした。祖母山、やるなぁ。

祖母山 登山

からの危険!って書かれた箇所も。(これも下ってから振り返って撮った写真です)
なんかこっちにきたら急に激しくなったのでビックリしました。初心者の方には、あまりお勧めできません。特に残雪が残っている時期は。

祖母山 登山

なのに!私は油断しきってチェーンスパイクすら持ってこなかった&一番ライトな靴でくるという愚行。完全に大失敗でした。チェーンスパイクは持っていくようにしてください。
「展望台」ってところで小休止。稜線は雪でかなり神経を使いました。

祖母山 登山

稜線から下ってきて残雪がなくなったら、かなり歩きやすい道です。
何度か渡渉(としょう:川を渡ること)をしたら、今朝渡った黄色い橋の分岐。

祖母山 登山

今朝は綺麗に見えたのに、結局曇っちゃいました。
中央左の目立つ突起、あれが天狗岩かな。右端の祖母山から、天狗岩のすぐ横まで縦走しました。でもそんなに標高が高いわけじゃないので、眺望は・・・まぁまぁって感じでした。
山頂からの帰りのルートは、ちょっと妙義山チックな感じでした。
これグルっといくなら、私と逆周りが良いと思います。そうすると、登り大変、くだり楽チンです。

祖母山 登山

くだりは2時間半ほどで降りてこれました。チェーンスパイクがなかったのは大反省した。
百名山!ってことで登ってきましたが、思ったよりも激しい感じでした。
祖母山はギザギザして特徴的な形なので、この山は登るより眺めた方が良いんじゃなかろうか、っと思った今日この頃でした。
翌日は朝は激しい雨だったので、山に登らずふらふらして温泉にトータル4回入って帰りました。
次の九州遠征は屋久島か、九重にまた行きたいと思います。九州あざました〜!

【今回の主な登場装備】
私の防風パンツ厚手(ノース黒) /私の小ザック(ノース) / サンバイザー /
モデル違いあり

撮影:カメラ Nikon D500  レンズ:16mm-80mm 例外あり
▶️歴代アイテム一覧

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 祖母山 登山

九州の登山記録≪新着順≫

一泊登山特集

雪山登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 祖母山 登山