剱岳 登山
ビストロきっちょむ登山隊ロゴ

2017.08.04-06 剱岳 登山

今年のテーマは「北アルプス」です。
先日の槍ヶ岳に続き、北アルプスの主役「剱岳」に初めて登って来ました!
今回は初めてだし、ラブピンクもいるので、無理のない二泊三日テント泊、超王道ルートです。
初日は長野県の扇沢まで車で行き、そこからロープウェイやトロリーバスなどを乗り継ぎ、室堂へ。室堂から劔沢キャンプ場まで歩いて一泊。
二日目は剱岳に登って戻って来て終わり。
三日目に帰る。
って感じです。この二泊三日の行程が一般的な登り方のようです。

剱岳 登山

上記はざっくりとしたルートです。詳細な地図は下記の地図のご購入をお願いいたします。
地図: 「山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地 2017 」

※地図を持たない登山は危険ですので、必ず購入し、自分の経験と体力を考えて、無理のない山行計画を立て、ご自身の判断と責任で登山をおこなってください!
地図はお近くの本屋さんで売ってますし、スマホアプリでもあります。(スマホアプリ)
剱岳 登山

この日の始発は7時半だったので、午前2時前には行動を開始し、午前6時に扇沢の駐車場に到着しました。
が、すでに無料駐車場は満車!かなり下の方には停めれたっぽいですが、そんなに遠くに停めたら大変なので、有料の安い方に駐車しました。駐車場代1000円/日でした。
扇沢の駐車場の場所をGoogleMAPで確認する

ここからトロリーバス→ケーブルカー→ロープウェイ→トロリーバスって乗り継いで室堂まで行きます。往復で9,050円です。結構お高いです。
始発が何時かは、立山黒部アルペンルートのHPでご確認ください。
時刻表はこちらでご確認ください。

剱岳 登山

今回はラブピンクと登攀長と3人でテント泊です。
室堂には去年の4月に雄山に登った時ぶり二回目。
もうどんな感じだったか忘れちゃいましたが、室堂から泊まる劔沢キャンプ場までは、地図で見ると標高差は100mしかないし、先週の伊吹山で剱岳に登ったことがあるY嬢に聞いたら「余裕だよ!」というので、しこたまビストロ&ビールを背負って来ました。
60+20LのザックがMAX状態になっている私。

剱岳 登山

ちなみに前日自宅で撮った食料。
これにみんなで食べる用のおむすび2合分と、ビール350×4本と水分1.5Lと、細々したスープや調味料、直前のコンビニで買ったパンやお菓子が今回のビストロ食料です。
たいした登りがないので、アホほど持って来ました。

剱岳 登山

金曜日でしたが、思ったよりも混んでいました。
何回も何回も乗り継ぎを繰り返します。

剱岳 登山

途中の大観峰からみた黒部ダムと後立山連峰。前回は中国人の観光客の方がめっちゃ多かったけど、今回はほとんど見かけませんでした。

剱岳 登山

2時間ほど色々なものを乗り継いで9:25室堂に到着!

剱岳 登山

この駅に登山相談所がありますので、毎度のお願いですが、必ず登山届を提出してから入山をお願いします!

剱岳 登山

室堂ついたー!ややガス多め。

剱岳 登山

のんびりと出発!

  剱岳 登山

金曜日なのに人も多め。
去年女子たちが泊まったみくりが池温泉。

剱岳 登山

前回の槍ヶ岳は荷物の大半を私が持ち、自身は超小型ザックだったラブピンク。
今回はちゃんと自分で全部持っています。

剱岳 登山

みくりが池温泉をすぎると、雷鳥沢キャンプ場が見えて来ますが、宿泊地はあそこではありません。
あの雷鳥沢キャンプ場まで降りて、山を一つ超えて、山の向こうに泊まる劔沢キャンプ場があります。
ちょっと待てーーーーーー!!!そんなに登るなんて聞いてないわっ! な、わたくし。。。
写真だと伝わり切りませんが、かっっなり登ってます(笑)
この日のザックの重量は測っていませんが、ネパールの時の20kgより感覚的に重かったです。

剱岳 登山

ま、いけるべ。
ってことでまずはあの雷鳥沢キャンプ場まで降りて行きます。
雄山などはガスの中ですが、それでもかなり気持ちがいい!

剱岳 登山

去年Makoと雪上テント泊した雷鳥沢キャンプ場に到着。そこそこの混雑。
ここで今年の尾瀬でお会いした男性と偶然再開。あ!あの時の!ってのが、意外とちょいちょいあるから世間は狭いですね。

剱岳 登山

雷鳥沢キャンプ場で小休止したら、さぁ登りだ!

剱岳 登山

すぐにバテて汗だくになっているラブピンクを、もうバテたのか!って、いたぶりながら撮って喜んでいる私。
登攀長が少し上から広角で撮った写真なので、なんか私たち四頭身だな(笑)

剱岳 登山

登りは延々と続きまっせ。

剱岳 登山

ゆっくり休憩しながら登ります。

剱岳 登山

バテバテながら頑張るラブピンク。

剱岳 登山

コースタイムとほぼ同じ1時間45分かけて、やっと登り切りました。

剱岳 登山

登りきったところにある劔御前小舎で小休止。
雷鳥沢キャンプ場の標高がおそらく2354m。この劔御前小舎が2750mなので400mくらいの登りでした。ラブピンクもよく頑張った!

剱岳 登山

劔御前小舎からは下りです。下った先にやっと本日の宿泊地の「劔沢キャンプ場」が見えます。
剱岳はガスの中。

剱岳 登山

13:12 劔沢キャンプ場に到着! この日の行程はこれで終わりです。

剱岳 登山

テントを張る前から飲んじゃう私。苦労して運んで来たぜー!くーーーーーーーー!うまーーーー!
立て続けに2本飲んじゃいました(笑) 軽量化軽量化。
ちなみにこのテン場でビールを買うためには、10分ほど下ったところにある「劔沢小屋」まで買いに行かなければなりません。帰りはそこそこ登るので、かなり面倒です。
テント場の500円/日(一人)でした。安い!

剱岳 登山

テントを張ってのんびりしてたら剱岳登場!かっこよろしい!!!

剱岳 登山

劔沢小屋まで買い物に降りて来ました。
看板の前で、登れた時の練習だ!っと、ラブピンクジャンプ!!
劔沢小屋で手ぬぐいなどを購入しました。

剱岳 登山

剱岳はガスったりひょこっと現れたり。
こんなに間近で見るのは初めてでしたが、噂で聞く通り、かなり強そうです。

剱岳 登山

午後3時半で気温は20度ちょっと。過ごしやすく快適です。毎回登場する愛用の温度計はこちら

剱岳 登山

同じく初剱岳のラブピンクも剱岳を眺めてのんびり。

剱岳 登山

この日の夕飯は酢豚。料理は我らの炊事長であるラブピンクがかなりしてくれました。いつもサンクス!

剱岳 登山

みんなそこまで食欲がなかったけど、頑張って食べてたら、夕焼け空。

剱岳 登山

久しぶりに綺麗な夕焼け空を見ました。

剱岳 登山

明日剱岳登れるかなぁ。
前述の雷鳥沢キャンプ場であった男性に話を聞いたところ「4時に出る人が多いけど、結局大渋滞しちゃうから5時に出ても山頂に着く時間は対して変わらなかった。」とのことなので、僕らはのんびり出発することにしました。
午後8時前には就寝。

剱岳 登山

二日目
まだ私とラブピンクが爆睡している午前3時に登攀長が撮った星空と剱岳。もう一服劔あたりにライトが見えます。

剱岳 登山

午前4時。うっすらと明るくなり始めたころ、起床。もう登っている人の光の帯が見えます。
明け方の気温は10度ほど。やや肌寒いので、薄いダウンなどがあったほうがいいです。

剱岳 登山

朝ごはんにお茶漬けをシャシャシャっとかっこんで、4:45 我々も安全第一で出発!

剱岳 登山

剣山荘へと続く長い雪渓。チェーンスパイクをお守りとして持って来ましたが、使用しませんでした。

剱岳 登山

どんなすごい岩場が待っているんだろうか。と、ワクワクしながら歩きました。
大きいザックで登るのも邪魔なので、小さいアタックザックがあると便利です。モンベルの小さいのとかで事足りると思います。
アタックザックはテント泊で色々と行きだすと使用する機会が出て来ます。

剱岳 登山

剣山荘に着く前に日の出。雪渓に反射していい感じ!

剱岳 登山

天気は完璧!

剱岳 登山

剣山荘手前の池塘で、写真を撮っていたおじさんのシルエットをお借りしていい写真が撮れました。

剱岳 登山

5:10 剣山荘に到着。

剱岳 登山

ここから登りが始まります。
朝日を浴びて、本当に気持ちのいい瞬間でした。

剱岳 登山

鎖がちょいちょい現れます。が、まだまだ「鎖を使わないほうが登りやすいわ」って感じの鎖場。

剱岳 登山

一服劔で振り返ると山が照らされて眩しい!

剱岳 登山

一服劔をすぎるとがれ場になったので、ここからはヘルメットをつけて登りました。
剣山荘でレンタルもしていましたので、ヘルメットを持っていない方でも大丈夫です。

剱岳 登山

前劔まで来ました!ここまでそんなに渋滞はしていませんでした。

剱岳 登山

徐々にそれっぽい鎖場が登場して来ます。

剱岳 登山

足場と鎖はかなりちゃんとしているので、危険度は低めな感じですが、とは言っても、もちろん落ちたら大事故ですので、慎重に。

剱岳 登山

いよいよ剱岳山頂が見えて来ました。
よく見ると中央に岩場を登る列が!あれが噂に聞く「カニの縦ばい」らしいです。
山頂直下にも人の列が見えます。ヒョエー!

剱岳 登山

カニの縦ばいに到着。大渋滞。
実際に見てみると、槍ヶ岳や妙義山、両神山(八丁尾根)の岩場とあんま変わりませんでした。
ちなみにこの写真右端の赤のお兄さんも、サイト見てます!と声をかけてくれたのですが、この日がなんと誕生日ってことでした。おめでとうございます!

剱岳 登山

カニの縦ばいに挑むラブピンク!
を、ちょっとそれっぽく撮ってみました。
が実際に登ってみると「あ、こんな感じね」ってくらいで、もっのすごい鎖場があるんだ!っと身構えて来た私的にはやや拍子抜けでした。

剱岳 登山

一人で仕事帰りにボルダリングに行って練習をして来たラブピンク。練習の成果か難なく登れました!ご満悦。

剱岳 登山

完全に快晴で最高の天気となりました。ドヨンとした天気が続いていたので、本当に感謝です。

剱岳 登山

なんかそこまですっごい箇所がないまま山頂が見えて来ちゃいました。

剱岳 登山

標高差2200mの早月尾根。黒戸尾根級のクレイジーなルートのようです。
私が登ることは間違いなくないでしょう(笑)

剱岳 登山

山頂が見えて来たぜー!

剱岳 登山

7:50 剱岳山頂に到着ーーーー!!
快晴で最高でした!
前述の誕生日男性のハッピーバースデーの歌を山頂で歌いました(笑) おめでとうございます!
何人かここでも声をかけていただきました、みなさん本当にありがとうございました!

剱岳 登山

「よく頑張ったな! グッ」 「い、痛いよ、にいちゃん」の瞬間。この顔いいわぁ(笑)

剱岳 登山

360度大パノラマで最高でした。

剱岳 登山

ラブピンク撮影の「剱岳の山頂まできてスマホをいじってる現代人」って写真らしい。おい!!
山頂でインスタグラムのストーリーをあげているところです。
最近は動画を撮ると、写真とって動画も撮ってって山まで来て大忙しになっちゃうので、youtube用の動画は作っていません。簡単な動画はインスタグラムでアップしています。

剱岳 登山

遠くに富士山も見えました。富山からも富士山が見えるなんてすごい!!

剱岳 登山

山頂は大賑わいでした。

剱岳 登山

山頂を満喫したら、のんびりと下山開始。
噂にきく「カニの横ばい」に到着。

剱岳 登山

って、こっちも結構普通でした。。。
が、とは言っても、雨だったりしたら足場は滑りやすいし、岩登りに慣れてない人は怖いと思うので、慎重にお願いします。前のおじさんたちはハーネスして、カラビナを鎖につけて横断していました。足を滑らせて下に落っこちたら大変なので、安全第一!

剱岳 登山

岩岩した帰り道。こうやって見るとすごいぞ感があるのですが、実際は岩場の経験があれば難なく行けると思います。

私の個人的な感想では、槍ヶ岳の穂先の方がグワッとした岩場の急傾斜の登りが一気にあるのでスリルがありますが、穂先のすぐ横が山小屋なので、ルートは短い分、体力的には余裕です。
剱岳は岩岩したルートが続くので、岩登り感があるのですが、そんなに難易度は高くありません。ただルート(行程)が長いので、体力的にはこっちの方がきついです。

前を歩いていたおじさん(50代?)は、前劔あたりまで来たら足がヘロヘロになっていました。

剱岳 登山

下りはみんな疲れたのか大渋滞で、ちょっと辟易しました。
次来るとしても土日にはもう来ません(笑)
無事に剣山荘まで戻って来ました。

剱岳 登山

11時ごろにはガスが出て来て、すっかり山頂はガスの中に隠れてしまいました。
帰りの車で知ったところによると、いつもLINEをくれる男性がこの時、早月尾根を日帰りピストンで登っていたらしいです。完全にすごすぎ!猛者は剱岳を日帰りできるみたいです。私は疲れるので真似したくありませんが(笑)

    剱岳 登山

お昼前にはテン場まで戻って来ました!
この日、雷鳥沢キャンプ場まで戻るって選択肢もあったのですが、別に急ぐ必要はないので、ここにもう一泊ステイすることにしました。
この日の午後はのんびり。
ゆっくりビストロをしてご飯を食べて、横のテントのおじさんと話したり、読書をしたり、ボーとしたりして過ごしました。
今回は登攀長のビッグテントで3人で悠々と寝ました。大きいテントいいなぁ!
健脚の人は、このまま室堂まで戻って帰るみたいです。なので健脚の方や小屋泊なら一泊二日も可能だと思います。

    剱岳 登山

三日目
明け方は雨が降ったりガスったりしましたが、6時ごろには晴れて来ました。
のんびりとテントを撤収したら帰路につきます。
さらば、剱岳。また何年後かに戻って来るよ、たぶん。

    剱岳 登山

この二泊三日の山行で一番のクライマックスだったのは、劔御前小屋への登りでした(笑)
中央やや下にテントがメチャンコ小さく見える雷鳥沢キャンプ場まで下っていきます。
親世代のシルバーのみなさまものんびり下山中。

      剱岳 登山

下りはちょっと遠回りしておりました。正面に立山三山が見えます。
剱岳と立山三山をセットで登る人もいるようですが、そんな一気に登ったらもったいないので、僕らは登りませんでした。
立山三山(雄山、大汝山、あと一つは知りません笑)は、来年の秋、紅葉の頃に来たいと思います。
槍ヶ岳、剱岳と来たので、今年、あとひとつ登って北アルプス三部作を完成したいと計画中です。

    剱岳 登山

初めての剱岳。ものすごい身構えて行ったので、山の激しさはちょっと肩透かし感はありましたが、眺望と風格は文句なく最高でした!
初心者でも頑張れば登れるとは思いますが、ご自身の実力と経験と体力を鑑みて、ご自身の責任と判断で登ってくださいね!安全第一でお願いします。

お会いしたみなさま、またどこかの山でお会いしましょう!
ありがとうございましたーーー!!!!

お盆期間は剣山荘などは事前予約なしでは宿泊不可らしいので、必ず事前予約をお願いします。テン場は早い者勝ちです!
剣山荘 / 劔沢小屋

<今回の主なギア>
私のザック
ラブピンクのザック
登攀長のザック
テント
寝袋はモンベルの#2以上だったら寒がりの方でも余裕。最低気温は8度とか10度とか、そんなもんでした。
マット

 
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 剱岳 登山

北アルプスの登山記録≪新着順≫

一泊登山特集

一泊登山特集
ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 剱岳 登山