ビストロきっちょむ登山隊ロゴ
奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

2023.06.29
奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

むちゃくちゃ久しぶりに1人で山に行ってきました!
今回は初めての奥多摩・川苔山(かわのりやま)。東京は33.8度で今年一番の暑さってニュースで言ってましたが、山の上も激アツでした汗

一番最後に私がずっと目標にしている「登山好きの人が集まる場」の進捗報告を明記しました。興味のある方は、長いですが、ぜひ最後ご確認ください。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

上記はざっくりとしたルートです。詳細な地図は下記の地図のご購入をお願いいたします。
地図:山と高原地図 奥多摩 御岳山・大岳山 2023 (登山地図 | マップル)

※地図を持たない登山は危険ですので、必ず購入し、自分の経験と体力を考えて、無理のない山行計画を立て、ご自身の判断と責任で登山をおこなってください!
⚠️この地図は登山用じゃないので必ず購入してください⚠️
地図はお近くの本屋さんで売ってますし、スマホアプリでもあります。(スマホアプリ)
奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

川苔山には駐車場がないので、奥多摩駅からバスに乗らなければなりません。
今回は、奥多摩駅の2駅手前の鳩ノ巣駅に車を停めて、最後はここに下山する作戦です。鳩ノ巣駅の町営駐車場は無料で、綺麗なお手洗いもあります!
googleMAPで鳩ノ巣駅の駐車場の場所を確認する

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

車を停めてお手洗いを済ませたら、鳩ノ巣駅から青梅線で奥多摩駅に向かいます。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

この日の始発は5:50。
奥多摩駅からのバスの時間に合わせて電車に乗ってください。
バスの時刻表はこちら

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

鳩ノ巣駅に登山届のポストがあったので、記載してからの登山をお願いいたします。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

登山届を書いたら、電車に乗って奥多摩へ。
青梅線の注意点は「ボタンを押さないと電車の扉が開かない」ってことです。
扉が開くのを立って待ってると、一生開かずに電車が行っちゃうのでご注意ください笑

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

鳩ノ巣駅→奥多摩駅は2駅。
奥多摩駅の改札の目の前にバスが止まっているので、この東日原行きに乗ります。バスの時刻表はこちら

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

バスは「川苔橋」で降ります。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

平日の始発のバスだったので、ガラガラ。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

バスで10分くらいで川苔橋に到着します。
このバスでここで降りたのは、私と、親世代のご夫婦の、2組だけでした。
そこまで山道ではないので、乗り物酔いの可能性は低いと思います。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

すぐ横を川苔川が流れています。
この川苔川はこの地域の方の飲み水になっている川なので、めちゃくちゃ綺麗です!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ここからはしばし林道歩きです。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

今日は1人。
人物が写っていない写真は好きじゃないので、三脚を出して、自撮りをしながら進むことにしました!
このレポートで私が写っている写真は全て、三脚をセットして、画角を決めて、セルフタイマーを押して、歩いて行って、戻ってきて、良い感じに撮れてるか確認!って流れで1人で撮った写真です!笑

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ちょっと行くと朝靄の向こうに見えたあれがきっと川苔山!まぁまぁ遠い!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

この日は晴れて暑いって予報だったので、タンクトップ&短パン(川をイメージしたブルーパンツだぜ〜!)で来ました!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

太陽の光がキレイだなぁ

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

川苔橋の入り口から50分かかって「細倉橋」までやってきました。
ここから山道になります。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

川苔山まで4.7km!途中の百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)まで1.9kmなり!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

小休止をしたらまずは百尋ノ滝を目指してレッツゴー!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

この日はお天気が最高なので、本当に木漏れ日がキレイでした!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

途中でちょいちょい滝があります。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

沢沿いを登っていくので、橋も何個もありました!

霧降高原 ハイキング

朝の光がめちゃくちゃ素敵で、早起きして始発のバスに乗った甲斐がありました!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

早くも暑くて小汗をかいたので、川の流れで顔を洗う。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

何個も滝があるので、歩いていて退屈しません!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

橋も何回も渡るから楽しい!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ずんずん歩いていると、足元に大きいカエルくんが出現🐸
(写真を撮った後、そのままパクッと美味しく頂きました🍴)

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

土日は登山客が多いルートなので、道案内の標識もそこかしこにあります。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

滝はまだかーー!って1人でぶつぶつ言いながら、山道を登っていると、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

百尋ノ滝の看板きたー!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ちょい長い階段を降りていくと、、、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

でっかい滝を発見!
あれが百尋ノ滝だーー!!!!!
ここまで川苔橋から1時間40分でした。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

どーーーんんん!!!!!!!!
っと、百尋ノ滝。奥多摩町のHPによると高さ30mらしい!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

横でもパシャっとな。
滝の飛沫でマイナスイオンが全開なんですが、レンズにも水滴が💦

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

レンズを拭き拭きして、アップでも1枚。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

なんだかんだ40分も滝の写真を撮ったりしてのんびり。
さ、次は川苔山の山頂を目指そう。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

百尋ノ滝→川苔山は2.8kmなり。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

里山あるあるで、そこそこ急な登りもありますので、スニーカーでは厳しいので、登山靴でお出かけください。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

よく手入れをされた気持ちのいい登山道と、奥多摩の森。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

途中でさらに何回か渡渉するので、顔を洗ってリフレッシュ!
苔がめちゃくちゃいい感じ!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

この頃になると、本格的な登りだし、気温も上がってるので、暑い!
まじで汗だく。汗を拭き拭き登ってました。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

気持ちのいい場所で小休止。
途中で分岐があったので、地図上で「急坂」って書いてある方じゃないルートを選択しました笑
急坂なんていやだもん笑

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

急坂じゃないほうのルートは苔苔してて、めちゃくちゃ素敵なルートでした。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ずんずん進んでいくと、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

そこそこ急な登りになります。
ここをオラオラ〜〜〜って登っていくと、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ベンチのゾーンにでた!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

ここまで来たら、川苔山まで0.2km!!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

最後のビクトリーロードを登っていくと、山頂が見えたーーー!!!!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

川苔橋から3時間45分で川苔山の山頂に到着しました!
もう完全に夏の空だ〜〜〜

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

汗だくになったタンクトップは絞って封印して、新しい着替えのニャンコサミットにチェンジして記念にパシャっとな📷

白ニャンコの一部サイズと、各XXLが品切れになってて、追加生産中です。
そのほかはすぐに発送できるので、もし「欲しい!」って思ってくださる方がいたら、Tシャツのご購入はこちらからお願いします。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

山頂でのんびりしたら下山!
下山は車を停めた鳩ノ巣駅に降ります!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

途中の水場で水を給水しつつ、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

のんびーり下山しました。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

登り返しも少なく、非常に優しい道でした。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

帰りの道にも標識が多数あります。
鳩ノ巣駅まで道迷いの心配はなさそうです。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

途中で車道と合流して、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

地図上の「大根ノ山ノ神」を通過して、

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

熊野神社に降りてきました!
降りでは2組・・・3組だったかなぁ、とすれ違いました。
鳩ノ巣から川苔に登るより、私が登ったルートの方が一般的のようです。

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

朝電車に乗った鳩ノ巣駅まで戻ってきました!

奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

山頂から1時間50分で鳩ノ巣の駐車場に下山完了!
車はそこそこ停まってました!
初めての川苔山だったけど、瀬がキレイだし、百尋ノ滝も迫力満点だし、かなり好きだった!
けど、川苔山まで行くと、それなりに歩くので、ちゃんとした登山装備でお出かけください!


【登山好きが集まる「場」について】
 Journeyや写真展でちょこちょこ公言/明記しているので、知ってくださってる方も多いかと思いますが、「我々のギャラリー兼、登山好きが集まれる場を作りたい! 」という目標が私にはあります。
ショップというか、ギャラリーっていうか、カフェっていうか、秘密基地っていうか。。まぁそこにみんなが集まって(みんなって言うのは、これを読んでくださっているあなたのことです!)ワハハ!ってできたら最高だなぁ。っていつも思っています。そんな最高にワハハな「登山ベース」を作りたいんです。それが私の一番大きな目標です。

 当初は長野方面に移住するって案もあったんですが、チームのメンバーと遠く離れるわけにはいかないので却下。(すぐにみんなに会って山に行ける!っていうのが私には非常に大切なんです。)
 じゃぁ自宅近くの横浜や三浦の方に借りる?って思っても、そもそもどこにそんなお金があるんだ!と頓挫。でっかい夢はあるけど、お金はまじで全くない!ってのが取り柄の私なので笑、自分たちのギャラリーを作るって言うのは夢のまた夢のように思えました。

 私は個人事業主のフリーのWEBデザイナーで、2010年から1人で仕事をしているのでもう14年目です。登山を始めるのとほぼ同じようなタイミングで1人で働き出しました。そこでの売り上げの全てを山と隊に費やしています笑。
  コロナの遥か前から自宅で1人でカチカチとパソコン仕事。山以外で友人に会うことも少なく、今週話したのスーパーのおばちゃんとニャンコだけだ。。。って時も多々ありました。
  それが嫌だったので、「誰かと接する仕事がしたい!」って思い立ち、奥多摩のアウトドアツアー会社でキャニオニングガイドとして週末だけ働き出しました。(この時期に土日の山行が全くないのは、私がキャニオニングガイドとして奥多摩の川にいるからです笑。)
 早いもので奥多摩のアウトドアガイドも今年で8年目。奥多摩のことはまぁまぁ知ってます。GWからシルバーウィークまで、週末はだいたい川で遊んで働いています。

 神戸での写真展が終わった直後。今回も赤字だったなぁ。この先どうしよう。。。って、私は思い悩んでいました。Y氏には「なんでそこまでしてやるの?」って何度も言われました。
「そうだよねぇ。。まぁこれからキャニオニングも始まるから、秋までは少しはそれでお金も入ってくるし。。。 」って話をしてる時に、ふっと思ったんです。
キャニオニングが終わった後はそのアウトドア会社のベースは、あんまり使わないんです。
「じゃぁツアーが落ち着いた秋以降に、そのアウトドア施設を借りることはできないだろうか!」と!
そのことをアウトドアツアー会社の社長のテツさんに相談すると、テツさんは大賛成してくれました!
さらに「ならウチと組んで、ハイキングツアーをやってみたら?」と言ってくれました。
『半日くらいのハイキングツアーと、ギャラリーと、ショップと、カフェが合体した登山ベース!』
夢のまた夢に思えた話が、先月末から一気に進み出しました。
保健所に相談して(カフェの件)、税務署に相談して(お酒の取り扱いの件)、とバタバタしてるんですが、できることできないことがありますが、まずはできる範囲で進めて行けたらと思っています。

 「半日くらいのハイキングツアーでどこかいいところはないかなぁ。。。」って考えたら、すぐに一つ、まさにうってつけだと思う場所が頭に浮かびました。
そう!この川苔山の百尋ノ滝です!今回の登山は、その下見だったんです。結果はレポートに書いてある通り、めちゃくちゃよかった!

 そんなわけで『半日くらいのハイキングツアーと、ギャラリーと、ショップと、カフェが合体した登山ベース!』は、期間限定の間借りで笑、奥多摩で開催できるように、現在各所に調整中です。まだ確定はしていません。が、確実に少しずつ前進はしています。
  現在のところ、奥多摩の紅葉が見頃になる秋に、1ヶ月ほどプレオープンしたいと思っています。実現できる確率は50%くらいかな。
 うまく行ければ、来月にはLINEでハイキングツアーの募集を開始したいと思っています。金土日とか、土日月とか、そんな感じの予定です。そちらも随時ご報告したいと思います!
奥多摩で皆さんと腹がよじれるほどワハハ!ってできるように、なんとしても実現できるように頑張ります!
なので実現できたら、ぜひ遊びに来てください!奥多摩で一緒にワハハってしましょう!!
よろしくお願いします!!!

【今回の主な登場装備】
スポルティバ エクイリビウムLT GTX





モデル違いや、販売終了の場合あり。

撮影:カメラ SONY α7R IV  レンズ:24mm-70mm
▶️歴代アイテム一覧

【🎁きっちょむ.shop】
オリジナル雑誌「Journey」、ステッカー、Tシャツ、手拭いなどをご購入いただけます。
きっちょむ.shop

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山

南関東の登山記録≪新着順≫

ビストロきっちょむ登山隊 トップページ > 奥多摩 川苔山&百尋ノ滝 登山